活動報告
「北欧白夜祭」ランチタイム&ナイトコンサート2011 無事に開催されました!
2011.07.07

6月16日(木)に、川崎市総合福祉センター「エポックなかはら」にて、ミューザ川崎主催「北欧白夜祭 ランチタイム&ナイトコンサート」が無事に開催され、ご来場のお客様からも多くの好評を頂きました。

実は、前日の6月15日(水)にミューザ川崎にて開催予定でしたが、3月11日の大震災により天井が落下し、一時はコンサートの公演も危ぶまれました。
しかしながら日時と会場を変えて開催できる事となり、山瀬理桜と出演メンバーにとって祈りの気持ちを込めた、思い出深い公演となりました。

下記は当日のプログラムに掲載された、山瀬理桜の挨拶メッセージです。

 この度はミューザ川崎シンフォニーホール主催のコンサートにお越し頂きまし
て、どうもありがとうございました。
 ご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、本年3月11日の東北地方太平洋
沖地震時にミューザ川崎は被災にあい、しばらくホール使用が出来なくなりました。
一時は今回のコンサートも公演中止となりましたが、ホールが使用できず公演出来
ない事は、私達音楽家にとっても大きな痛手です。なぜならば私達演奏家は演奏と
いう形でしか力を発揮できないからです。ミューザ川崎のスタッフの皆さまはもっ
と大きなショックと、大変な対応に追われていらっしゃると思いましたが、阪神淡
路大震災の被災者の一人でもある私は、今回正直に担当者様に「ホールの改修工事
後にはぜひコンサートをさせて頂き、少しでもお役に立ちたい」という心の旨をお
話させて頂きました。ありがたい事にその後今回のコンサートが公演出来る事にな
り、改めてミューザ川崎の関係者の皆様、協賛の川崎幸病院様、変更会場のエポッ
クなかはらホールの関係者様、ご来場の皆様に御礼申し上げます。また微力ですが
一演奏家の出来る事として、今回の私の出演料は全額義援金とさせて頂きます。
 本日は楽しいひと時と祈りを込め、「北欧白夜祭」と題し、北欧のお祭りをテー
マに演奏会を行わせて頂きます。
 どうぞ最後までお楽しみ頂ければ幸せな限りです。        ( 山瀬理桜)


ランチタイムコンサートは、ハルダンゲルヴァイオリンのみのプログラムで構成され、山瀬理桜&リオンミュージックを中心とした最大9名の、ハルダンゲルヴァイオリン奏者の音色を、お客様に楽しんで頂ける事が出来ました。(関連リンク先に『東京新聞』の記事が掲載されています。)

ナイトコンサートはミニ弦楽団を取り入れ、クラシックなプログラムで行われ、両コンサートにご来場のお客様からも、変化にとんだ北欧クラシックプログラムを満喫&満足のコメントが多く寄せられました。

[関連リンク]




北欧の働く女性   Interview
オーロラ
FACEBOOK
諏訪山音楽学院