ハルダンゲル ヴァイオリン
violin005.jpg
北欧ノルウェーの国民的楽器で、フィヨルドで有名なハルダンゲル地方で生まれた民族楽器「ハルダンゲルヴァイオリン」。
日本での琴や三味線に位置するこのヴァイオリンは、現地では「ハーディングフェーレ」(Hardingfele)と呼ばれています。 楽器には美しい真珠母貝や象嵌細工の花模様の装飾が施され、トップにはヴァイキングの時代の神の象徴「ドラゴン」、通常4本弦の下に、4本~5本の共鳴弦(アンダーストリング)がある事が特徴です。

この共鳴弦を持つ事で、ヴァイオリンとは異なる哀愁帯びた懐かしい音色を持ち、また共鳴弦をも調弦するスタイルは、ノルウェー独特のものです。

現地では神聖な楽器として、主に冠婚葬祭時に使用され、また日本でも人気の高いノルウェーの作曲家「グリーグ」も、この澄んだ音色に影響をうけ、多くの名曲を残しています。


ベルゲン博物館にてトップメーカーの一つの山瀬の楽器「Knut K Steinkjonndalen」と最古の「ヨースタ(Jaastad)」と共に
現在もノルウェーでは、4名ほどしかいないプロの職人が手造りでそれぞれ1年に2丁ほどしか制作出来ず、町の楽器店でも手に入らない幻の楽器。

楽器のルーツをたどりますと、現存する一番古いものでは1651年の楽器「ヨースタ(Jaastad)」で、現在もベルゲン(Bergen)の「ベルゲン博物館」に保存されています。
「ヨースタ(Jaastad)」の楽器は現在のものよりかなり小振りで、共鳴弦の数も2本と少なく製作されていました。 その後少しずつ改良を重ねられて、現在のハルダンゲルヴァイオリンの大きさはほとんどヴァイオリンと同じで、音色も大きく、共鳴弦は5本のものが人気の様です。

ガンメルダンス(ノルウェー民族舞踊)


毎年8月に、ハルダンゲル地方で行われる「日本ハルダンゲル文化交流フェスティバル」での風景
ハルダンゲルヴァイオリンにとって、ガンメルダンス(ノルウェー民族舞踊)の存在は重要で、ハルダンゲルヴァイオリンの音楽はダンスと共に育まれました。
グリーグのピアノ曲のタイトルにもなっている、「ハリング」「ガンガル」や「スプリンガル」の表記は、実は全て民族舞踊のリズムの名前です。
現在も夏のお祭りや結婚式に、ハルダンゲルヴァイオリンの音色と共に、多くのノルウェーの人々がダンスを楽しみます。

日本でのハルダンゲルヴァイオリン

日本では、ヴァイオリニストの山瀬理桜が中心となった「JAPAN(Tokyo)グループ」がノルウェーでも認知されています。

ハルダンゲルヴァイオリンは楽譜がなく、日本の邦楽形式にも似た伝承楽器です。
現在30名程の日本のハルダンゲルヴァイオリン奏者達は、山瀬のレッスンを中心に、年に一回ほどは日本を訪れるノルウェーのハルダンゲル奏者から学んでいます。
2011年からは「山瀬理桜 ハルダンゲルヴァイオリン スカラシップ」制度が現地ハルダンゲル自治体より認可され、2名のスカラシップ合格者ははじめ、数名のハルダンゲル奏者が育ち、東京を中心に活動しております。
今後の日本での益々の若手育成が期待されています。

現地の若手No.1奏者を招いての特別レッスン風景 Tokyoグループは、ノルウェー国営放送NRKの取材も受けました。
「山瀬理桜 ハルダンゲルヴァイオリン・スカラシップ」とは

第1期 山瀬理桜スカラシップ合格者(山瀬クリスティーナ静香)


山瀬クリスティーナ静香(Kristina Shizuka Yamase)

photo 山瀬理桜の姪で日本とノルウェーのハーフ。故・ハールバル・クヴォーレ氏、現在は山瀬理桜にハルダンゲルヴァイオリンを師事。ハルダンゲルヴァイオリンの演奏のほか、北欧の童謡や子守唄などを、現地の独特の歌唱法を交えて披露する。
ノルウェーと日本での数々のコンサートのほか、ノルウェー国営放送NRKや日本のノルウェー紹介のテレビにも多数出演。
2007年グリーグメモリアル記念で発売されたCD「オーロラの国のヴァイオリン」や、スカンジナビア政府観光局制作のノルウェーフィヨルドPVでも、その澄み切った歌声を披露、好評を博している。
2011年5月には、ノルウェーハルダンゲル地方自治体のスカラシップにより留学し、ディプロマを取得。
現在早稲田大学先進理工学部応用物理学科に在学中。
日本語、英語、ノルウェー語の3ヶ国語を操り、通訳や翻訳、ノルウェー語教師でも活躍。

第2期 山瀬理桜スカラシップ合格者

白石優香(Yuka Shiraishi)

photo 兵庫県立西宮高校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部卒業。同大学卒業演奏会に出演。
和歌山音楽コンクール第2位、若き獅子たちのジュニア音楽コンクール入賞、ドブリンペトコフ国際ヴァイオリンコンクール第3位、名古屋アンサンブルフェスタにおいて特別講師賞受賞。
これまで にヴァイオリンを松本尚三、稲垣美奈子、東儀幸、大谷玲子、中島慎子の各氏に師事。
2011年より山瀬理桜にハルダンゲルヴァイオリンを師事し、「オーロラクインテット」の一員として、スカンジナビア政府観光局や北欧関連のイベントに多数出演。また、ノルウェーハルダンゲル地区で開催された「日本ハルダンゲル文化交流フェステイバル2012」にも参加。
2013年4月には「山瀬理桜 ハルダンゲルヴァイオリン・スカラシップ」第2期生として、西ノルウェーハルダンゲル地区へ短期留学し、ハルダンゲルヴァイオリンの巨匠クヌート・ハムレ氏やフランク・ローランド氏に師事、その様子は現地新聞や国営放送NRKにも紹介された。

水澤真澄(Masumi Mizusawa)

photo 国立音楽大学器楽学部ヴァイオリン科を卒業。
在学中海野義雄氏に師事。
米国に渡りパシフィックユニオンカレッジ音楽学部大学院修了。
10年間米国で演奏活動、ヴァイオリン指導などを経て帰国し、横浜市を中心にソロやアンサンブルの演奏活動をしている。
2010年より山瀬理桜にハルダンゲルヴァイオリンを師事し、2013年4月には「山瀬理桜 ハルダンゲルヴァイオリン・スカラシップ」第2期生として、西ノルウェーハルダンゲル地区へ短期留学し、ハルダンゲルヴァイオリンの巨匠クヌート・ハムレ氏フランク・ローランド氏に師事、その様子は現地新聞や国営放送NRKにも紹介された。

山瀬理桜とハルダンゲル自治体認定のハルダンゲルヴァイオリン門下生達。

*内山ふみ
*大賀美香
*唐澤華恵
*木土田力
*熊澤敦子
*渋谷友子
*白石優香
*中村朱見
*長井彰子
*久田淑玲
*久田真淑
*水澤真澄
*村瀬慶子
*安丸紀子
*山瀬クリスティーナ静香
*若宮百香
ほか


※ハルダンゲル ヴァイオリン/ハルダンゲル バイオリンは山瀬理桜の登録商標です。

●ハルダンゲルヴァイオリンのレッスン受講ご希望の方は、「諏訪山音楽学院」までお問い合わせくださいませ。
●ハルダンゲルヴァイオリン受講概要はこちら
北欧の働く女性   Interview
オーロラ
FACEBOOK
諏訪山音楽学院